deainokotonohaのブログ

出会いと発見 未来と過去は中今に息づいている

おもしろマクロビオティック備忘録⑦カフェ業務での気付き「食欲は内なる自然がもたらす兆候サイン」

f:id:deainokotonoha:20170331213045j:plain
食欲は内なる自然がもたらす兆候サインだ


食欲というのは不思議ですね。

おなかが減ると何か食べたくて仕方ないのに、いざ
満腹になると、もう食べ物を見るのもイヤだ、という気分になりますが、6時間もすると またまた性懲りもなくたべたくなる……

この繰り返し。

お気に入りのランチバイキングでも、たとえどんなに美味しい料理ばかりでも、ある一線を越えると 苦痛に変わる(それ以降いくら食べ続けてもツラいだけ。)

……

さて、銀座のカフェでカレーの仕込みをして働いていた時のことです。
 ランチメニューの中に、ツナサンド、豆カレー、チキンカレー、を含めて5種類ほどのバリエーションがありました。

ある日、豆カレーがどういうわけか沢山オーダーされました。
次の日も、豆カレーが沢山出るのかな?!と思うと、
ツナサンドが沢山注文されました。

はっとして気付いたのですが、
人間の直感は、その時なにを食べるか 天候や体調などを 的確にじつはしっかり反映しているのではないか?!
 ということです。

……

「食べる」という非常に原初的な行為の裏づけには、
実は人間ひとりひとりの 内なる自然に基づいた
食欲という欲求があるのだろう、
自然がもたらす兆候サインなのではないか?

と気付きました。

理性や頭優位で食べるのと、自分の直感で食べるのとでは、ズレが生じることがあります。

理性も大切な働きなのです。
たとえば、いくら乳製品が食べたくても、放射能や大量のホルモン剤にまみれた食品は避けたほうが無難だ、
と判断できるのは、理性であり、知識の有無によります。

しかしなが、理性や頭だけでなく、直感もバランスよく取り入れたなら、素晴らしいでしょう。


直感の大切さをカフェの業務は気付かせてくれました。

ご来店頂きましたお客様、そしてカフェの店主やスタッフの皆様、ありがとうございました。

ここまでお読み下さりありがとうございました。