deainokotonohaのブログ

出会いと発見 未来と過去は中今に息づいている

おもしろマクロビオティック備忘録④宿便が出る時の覚悟

f:id:deainokotonoha:20170319132059j:plainf:id:deainokotonoha:20170319132047j:plain   カレン・キングストン女史の著書
『ガラクタ捨てれば自分が見える』風水整理術入門
  小学館文庫2002
腸のクレンジングの大切さが説かれている


1人暮らしをはじめた大学3年の初夏、手さぐり状態ではじめた炊飯器玄米食でしたが、
食べはじめて1ヶ月くらいの頃だったと思います。

ある朝起きると、ものすごい目まいとえもいわれぬ腹痛がして、これはただごとではない と
命の危険をかんじました。

ふらつく状態で和式トイレにいって用をたすと、
  「カラカラ、カラカラ……!。」
と小粒の黒いビー玉のような 石のようなものが
大量に便として飛びだし、
そのまま水洗式で流してしまいました。

後に本で知ったのですが、
米食を始めた頃に起きやすい 好転反応のひとつ、宿便がでたのだ ということでした。
 (糞石ふんせき、というそうです)

20才にして、こんな腸のよごれ具合なのです。

……

イギリス人女性のスペースクリアリングを提唱するカレン・キングストン女史は、
著作の中で度たび 腸のクレンジングの大切さ
について述べています。

カレン女史は独自の風水を編み出して部屋の片付け指導のプロとして カウンセリングをしているようですが、
 今でも東南アジアのひとたちが定期的に腸のクレンジングをする習慣を 高く評価しています。

……

自分の身体を使った食の人体実験としてのマクロビオティック

ひとりきりで行うよりも、身近に先達がいて、時おりアドバイスをもらいながら行えるのが理想です。

おなかは 腹脳ふくのう という呼び名もあるくらいで、
おなかと脳とは当然のことながら連動しています。

ごく普通の食事に慣れてしまった方のなかには、
米食をはじめると体調が悪くなる(ように感じる?!)方もいらっしゃると思います。
 それは一種の好転反応だと考えられますが、
体調の変動があることに 怖れを感じる方がいらしてもおかしくありません。

そこで玄米食は恐いと感じるか、いや、このまま食べ続けてみよう と決断するかは、
その方の「思い」ひとつです。

……

たかが玄米食を続けることに、これほどの覚悟がいろうとは、想像だにしませんでしたが、
宿便が出る時の覚悟は、あらかじめしておいたほうがいいかもしれません。
 びっくりですよ。

また、玄米食がもたらした身体改善の出来事、素晴らしい働きのひとつとも考えられます。

宿便や糞石ふんせきを排出しようと体全体とお腹が動き出す時、それは
身体にとっても一大事業、一斉清掃のようなものですから、
個人差はあれ、命がけのような覚悟が問われることもあるのだ、
と 心若き冒険者たちにはお伝えしておきたいと思います。

やるか、やらないかは
あなた次第です。

楽しきかな、マクロビオティック

……

ここまでお読み下さりありがとうございました。

参考文献 カレン・キングストン
 『ガラクタ捨てれば自分が見える』風水整理術入門   小学館文庫2002