deainokotonohaのブログ

出会いと発見 未来と過去は中今に息づいている

夢で出会ったアンジェラ・アキさんからのひと言

f:id:deainokotonoha:20170110224611j:plain
大のおとなが夢の話などすると 苦笑いされることがあるけれど、怖れずに書いてみたい。
夢にときどき有名人が現れる事がある。それぞれに印象を残してゆくけれど、アンジェラ・アキさんの印象は 核心をついたものだったので 特に感慨深い。

夢のなか まるで天界かと思われるようなパステルカラーのような明るい景色、なぜか それほど広くないよく整った老人ホームに アンジェラ・アキさんと自分がいるという確信があった(老人たちを慰問して音楽を発表でもしていたのだろうか?!)

自分がアンジェラ・アキさんに気さくに話しかける。「最近 いいなあ、と思う曲が少なくて……」
アンジェラ:「じゃあ、あなたが自分で作れば!」
??!!

驚いて目が覚めた。
良い曲がない、などとアーティストを責めるより、自分で作ってしまえばいい。
そういう事だろうか… 考えさせられた。
芸術家、音楽関係の知人逹から かつて言われた言葉を思い出す。
「オレ逹は 表現の手段があるけれど、オマエはやってないじゃないか!」
誰もが表現の達人とは言えないかもしれないが、人生とは表現である、と言えなくもない。
汎神論は是だと考えている自分にとって、そうであるならば、人間の精神作用・夢の働きにも 何らかの法則性が働いていると直観する(天網恢恢粗にして漏らさず、だ)。きっと意味がある。

最近のアンジェラ・アキさんが どうなさっているのか気になって調べてみると、2014年8月から 日本での音楽活動を無期限休止したというニュースに目が止まった。 そしてアメリカ移住・留学。
アンジェラさん自身が 改たな創造の道を模索している。

自分は音楽活動は 笛で再現する程度で止まっているけれど、アンジェラさんの 夢でのひと言を抱いたまま 創造の可能性を温めている。

ありがとうございます アンジェラ・アキさん。
あなたの創造性が いつか満開になることを念じています。  春のサクラのように。