deainokotonohaのブログ

出会いと発見 未来と過去は中今に息づいている

糖尿病とエッチに効果が?!スリランカの長粒赤米ラトゥ・カクルRATHU・KAKULUを発見

f:id:deainokotonoha:20170222194557j:plain
スリランカの長粒赤米ラトゥ・カクル

輸入食品店に寄った。飲食店勤務時代の習性か、未知の食品・食材や調味料、香辛料の使い方などには興味がある。

スリランカ人と思われる小柄な朴とつな中年男性との
日本語・英語まじりのカタコトでの会話でも、
地球人同士の意志疎通のトレーニングだと思いながら
楽しんでいる。

……

金属棚に中くらいの袋に入った赤っぽい長粒米を見つけた。
二人の大柄で太った外国人男性が 慣れた様子で入店して来て、店主とあいさつを交わした後、
一人がこの赤米らしき袋をひとつ手に持った。

自分:「ちょっと聞いてもいいですか?」

男性:「なんですか?」

自分:「それは赤米ですか?!」

男性:「そう。ラトゥ・カクルだよ。ラトゥは赤REDの意    味だよ。」

自分:「それじゃあ、白い米はホワイト・カクル
    ですか?!」

男性:「ちがう。白い米はライスだ。そういう名前
    なんだ。」

自分:「そうですか…ラトゥ・カクルは美味しいの
    ですか?」

男性:「あまり美味しいわけではないが、糖尿病に効果
    がある。それにエッチも強くなる!
    (前腕をグッと持ち上げるポーズ)」

自分:「そうですか(笑)。ありがとう。」

……

長粒赤米の赤っぽい外皮の部分には多分ポリフェノールの様な成分が多く含まれているのだろう。
 日本でも江戸時代頃までは 神事などに赤米がお供えされていたようだし、小豆アズキ入り赤飯の原型だと言われている。

栽培種としてその他にも白米、緑米など種々なバラエティに富んだ米作りがなされていたようだが、
明治から昭和にかけては、白米一色へと統一されて来た歴史があるようだ。
 少しでも赤米が混じると「赤米公害」
と言って 米のランクも下がったと言うのだが…

……

スリランカの長粒赤米 ラトゥ・カクル が本当に
糖尿病に効果があるのかどうか?!
 またエッチが強くなるかどうかは、まだ食べていないので 分かりません。

ご興味をお持ちになられた方お試しになられたらいかがでしょうか。

……

ここまでお読み下さりありがとうございました。

脳は省エネモード 弘法大師・養老孟司・苫米地英人博士のことば

f:id:deainokotonoha:20170214152049j:plain

スコトーマ 衆生秘密にバカの壁 
   救いはいづこ めくらなるゆえ

……

何年くらい前なのか忘れたが、東大の養老孟司氏が著した 『バカの壁』という本がベストセラーになったことがある。
 実は自分は読んでいないのだが、題名から言わんとすることは分かる気がする。

そう 人間誰でも自分の理解力や洞察力の限界があり、それ以上のことや それ以外のことは分からない、理解できない、従って伝わらないという状況が発生する。
そういったことを バカの壁 と表現したのだろうか。

時は遡り約1200年前の平安時代弘法大師は「衆生秘密」しゅじょうひみつ という言葉を使った。

真理は常に世界に遍満して現れているにもかかわらず、私たち衆生に見る目がないか、曇っているために 真理が見えず分からない閉ざされた秘密の状態にあることを 衆生秘密 と言ったようだ。
 言わんとすることは似ていないだろうか。

IQが計測不能と言われる天才科学者の苫米地英人博士は、一連の脳シリーズの本のなかで、
  「スコトーマ」(盲点)
という表現を使っている。

もともとは生理学や医学用語のようだが、精神・心理学的用法として、ある人には認識・理解できることが、他の人には見えない、認識できないという現象に このスコトーマ盲点を使っている。

……

苫米地英人博士がユニークなのは、人間にはなぜこの心理学的スコトーマが発生するのか?を解明していることだ。

よく人間の脳は3~4%しか使われていない、と言われることがあるが、
もし人間の脳が 残り97%も使われ全部覚醒してしまうと、換算して約原発一基分のエネルギーを使うことになるのだという。
 そうなると、我々が朝・昼・晩と食事で摂取するカロリーだけでは足りないこととなり、結果的にあっという間に餓死してしまうだろう、ということだ。

この餓死を逃れるため、我々の脳は 言わば 省エネモードで楽をして働くため、必然的に盲点スコトーマが発生するのだ、という。

……

スコトーマ 衆生秘密にバカの壁

そうなると、人間にとって救いはあるのか?!

どうすれば私たちは救われるのか?!
と考えずにはいられない。

………

しかし、この考え方や この文章にとらわれ
はまってしまっては いけません。

本当は 原発一基分だろうと それ以下のエネルギーだろうと

環境から切り離され 単独で人びとが バラバラに
存在している… というようなイメージそのものが
分離観に基づいた 世界に対する誤解であろう…

と見立てています。


つまり、残り97%の脳の可能性が全開になったとしても(相当辛いでしょうが)餓死はしないだろう…

と考えています。

ならば、救いもありそうですよね。

皆さんは どうお考えになりますか?

……

ここまでお読み下さりありがとうございました。

名作アニメ映画「千と千尋の神隠し」謎解きチャレンジ 異世界において千尋は「礼儀正しさ・礼節の大切さ」を学んだ

f:id:deainokotonoha:20170212194129j:plain
異世界で千尋は礼儀・礼節の大切さを学んだ

小・中学校・高校時代では、授業の始めや終わりに「起立、礼(ペコリ)、着席。」などとやり、常に全体のことを考えて そして「礼儀正しくしましょう」と教わらなかっただろうか。
そのこと自体は決して悪いこととは思わないけれども、千と千尋の物語の冒頭で 引っ越しで車中にある千尋の力の抜けた姿からは、そんな小学校生活になじみながらも、何だか無気力になりつつある様子がうかがえる気がする。

……

さて、突然にも異世界に迷い込んだ千尋は両親がブタに変わってしまい、導いてくれたのはハクだった。
ハクは異世界のルールを少しづつ教えてくれた。

「この世界では仕事をしない者は動物にされてしまう。だからここで仕事をさせて下さい、とねばるんだよ。」と。

そして初めに挨拶に行ったのが 湯屋の最下層で火を扱う父や男性性を象徴する 釜ジイのところだった。
釜ジイは基本的に裏方だが、湯屋の誰もが一目おいている。
釜ジイは
  「手伝うなら しまいまでやれ。」
と仕事の心得をつたえる。

印象的だったのは、釜ジイのところから先輩のリンに連れられて出て行く時、
 「お礼を言わないのかい?世話になったんだろ?」
と言われ、くぐり戸のところでひざと両手をついて、ぎこちないが「ありがとうございました。」
と千尋はお辞儀をした。

次に向かうのが、最上階で湯屋を仕切る魔法使いの湯婆婆ユバーバのところ。こちらは水の代表、女性性や母性を表すものだろうか。
何でも魔法で自在にやっていそうなユバーバでさえも、実は
 「つまらない誓いを立ててしまったものだ。仕事をしたいやつには仕事をやる、だなんて」
と、何かのルールには従っているようなのだ。

……

これらのルートや成り行きから、実は千尋の迷い込んだ異世界にも 見えないルールや法則性があるのだ、ということを伝えようとしているのでは?!
と考える。

……

仕事を終えて外を見ていると、白竜が何かに追われて傷付いてもどってきた。千尋はハクに違いないと見抜いて 必死になってハクの名を呼ぶ。

白竜は最上階へもどり、千尋もハクのピンチに力となり、最上階から真っ暗な空間を真っ逆さまに落ちてゆくが、
なんとか湯屋の最下層にいる釜ジイのもとへとたどり着き、ハラの中の黒い虫をつぶしてしまう。

大事なハンコを取ったハクが犯した罪?!をつぐない謝りに行くため、自分がどうなるか、ちゃんともどって来られるかどうかは考えず、千尋は
「沼の底」に住む銭婆ゼニーバに会うため、広大に広がる外の水の世界を電車ですすむ。
(取ったものを返し、あやまりに行く 礼節を第一にした行動だ)

銭婆ゼニーバというユバーバと双子のお婆さんに会い、謝るのだが、行き着くまでの間、
足つきのランタンがピョンピョンと迎えに来て、両者ペコリとお辞儀をする。
それは 役目への敬意 ではないか。

千尋は異世界の存在が なにかの役目を持って動いていることを 少しづつ学んだようだ。

……

そして白竜ハクのむかえで湯屋に着くと、最後のクイズがだされる。
並んだブタの中から本当の父と母を選べというのだ。

このシーン、千尋がなぜ、ブタ達の中に自分の父と母がいないと分かったのか?!
どうしてピタリと当てられたのか、長い間さっぱり分からなかった。

(この答えを言ってしまうと 物語を自分の力で解き明かす楽しみを 皆さんからうばってしまうかもしれません)

……

少しづつ千尋は 礼儀正しくするのはナゼなのか?
礼節が大切なのはナゼなのか?

ということを学び、実の父の背後にある存在、男性性、火の象徴への礼儀と、
実の母の背後にある世界、女性性、水の象徴への礼儀 
そしてさまざまな 存在や役目に対する礼節

この事を学んだのだ、と宮崎駿監督は描いてみせたのではないか?!

湯屋は下から上へと昇り貫く力、火の力と、横に広がる水の世界を合成して成り、
神々でさえもこの火と水の力(湯)で疲れを癒すという表現がされている。

なぜ不思議の物語の舞台が 湯屋だったのか?!

火と水で、何と読むでしょう?!

……

これはあくまで謎解きの一例です。
皆さまなりの楽しい気付きと謎解きがありますように。

ここまでお読み下さりありがとうございました。

名作アニメ映画「千と千尋の神隠し」謎解きにチャレンジ

f:id:deainokotonoha:20170207163855j:plainf:id:deainokotonoha:20170207163841j:plain     名を奪われ道を踏み外しそうになったハクは最下層の釜ジイのもとで息を吹き返す


………

名作アニメ映画「千と千尋の神隠し」の謎解きをしてみたいと思います。
 
このアニメーション映画は 極上のエンターテイメントとして楽しめるだけでなく、なかなか解けない 謎かけ が至るところに潜ませてあるようで、公開からすでに20年近くたっていますが、観るたびに不思議な感慨を味わってきました。

宮崎駿監督の、遠い目をしながら密かにほくそえむ様子が想像されてしまいます。

不完全ながらレッツ謎解きチャレンジ。

………

〇千尋が迷い込んだ異世界で真っ先に出会ったのはハク。ハクはなぜ「来ちゃだめだ!もどれ!」と言えたのか?ハクはなぜ真っ先に千尋を見つけ、助け続けたのか?

ハクは千尋にとっての一種のガイドなのではないか?
人には目には見えなくても誰にでも、常に見守り導き、時にはメッセージを送ってきたりする存在があるという。
それを神と言ったり、守護霊と言ったり、あるいは名もなき存在でもとにかく見守り味方であり続ける存在だと考えられる。
このように文章に起こすと、かなり怪しいスピリチュアル系だと誤解されかねない内容を、アニメ映画でエンターテイメントに仕立て上げ、サラリと魅力的に表現しているところは、宮崎監督、スゴいです。

〇ハクはなぜ千尋を湯屋で働けるように初めに 釜ジイに会うように言ったのか?湯婆婆ユバーバではダメなのか?

釜ジイの存在は、解けない謎の大事な役割の一つだと思います。それが解ければ多分、物語の最後の謎が解けるかもしれない……
とだけにしておきます。

〇湯婆婆ユバーバが仕切る湯屋はなぜあまり広くなく、ほとんど閉ざされているのか?
湯屋で働くのはなぜカエル男とナメクジ女達ばかりなのか?

湯婆婆ユバーバは名前のとおり、湯屋を仕切っており、魔法を使うがいわば 水の世界 の代表のようなものだろうか(それでは、火の世界の代表はだれでしょうか?)。したがって手下として働くのが 湿り気の多い場所を好むカエルやナメクジということか。
しかし、湯屋の世界は実はあまり広くない。
湯屋の外(坊ボウの言うオンモの世界)には広大な水の世界が本当は広がっているらしい。

湯婆婆ユバーバ自身にも謎の側面があり、たとえば夕方から夜通し湯屋は営まれているようだが、明け方になると湯婆婆ユバーバは、大きな鳥のすがたに変身してどこかへと飛んでゆく。
湯婆婆ユバーバは 小さな湯屋だけの存在ではないようだが、詳しくは分からない。

……つづく

インド思想入門「護摩供ヤジニヤ以外の行為は束縛になる」ギーターのことば

f:id:deainokotonoha:20161228211914j:plain

ギーター/3-9
ヤジニヤ(護摩供)の所作を除いて、すべての
  行為は この世界においては束縛になる。
  このためアルジュナよ、
  お前は執着を捨て去り、行為を為せ。

………

A・ ヴィディヤーランカールの解説
  
  ヴェーダの時代よりインド人の生活において、ヤジニヤ(インドの神聖な護摩供儀)の伝統がつづけられている。
  
ヤジニヤの火は、パラマートマー(神)とその力の象徴である。それに捧げられている供儀の材料、蘇油(そゆ、ギーという精製バター)と護摩木は 人との境界意識の象徴である。

護摩木を火に捧げると、これらの供物は火そのものの姿になってしまう。
このように人パラマートマーの前に身を捧げて、パラマートマーを得るのだ。
そしてパラマートマーの光がその人の中にやって来る。ヤジニヤは人が自分の限られた手段を社会の安寧のために捧げ尽くすという一つの社会的儀礼の象徴でもある。

このようにヤジニヤの精神で仕事をしている人は 自分の意識を無私、無垢、寛大、そして清浄に保っている。

出典『ギーター・サール』インド思想入門 
   バガヴァッド・ギーターの神髄
  A・ ヴィディヤーランカール著
  長谷川澄夫訳 東方出版2007

………

私見: インド世界では、唯一、束縛にならない行為が護摩供ヤジニヤなのだと断言するこの文言は、かなり透徹した意見ではないか。
日本社会に当てはめてみると、例えば 密教護摩仏教神道などの祈祷に当てはまるかもしれない。

我々が成人する頃までに家庭や学校で日頃に刷り込まれた習慣は、その後の社会生活において基盤となるだけでなく、かなり不自由な信念の体系として
時として自分自身をしばり付けてしまうものだ。
「わかっちゃいるけど、やめられない…」というやつだ。
誰もが本当は 自由自在に生きられたらいいだろうに……と考えると思うのだが、古くからインドでは、
 「祈りヤジニヤ以外の行為は束縛になってしまう」
と言われて来たのを知った時は、すごい知見だと思った。
米国の著名な精神科医で、意識の科学を深く研究しつづけた デービット・R・ ホーキンズ博士(故人)も、
How to live your life like a prayer いかにして人生を祈る人のように生きるか、ということを大切なテーマにしていたようだ。
ホーキンズ博士の意識についての科学的研究は、キネシオロジー筋肉反射テスト(YesとNoを人間の生体反応が示してくれる)に基づいているようだが、スピリチュアリズムの虚実についても かなり明確な認識を示しており、
インド思想にも現代的手法で肉迫しているものと推察している。

興味をお持ちの方は キネシオロジーやタッチフォーヘルスなど解放の技術も追求されてはいかがでしょうか。

「祈りを生きる」ということが、ひとつの答えなのですね……

ここまでお読みくださりありがとうございました。

インド思想入門 「完全な他人の道を行くより、不完全であっても自分の道を行け」ギーターのことば

f:id:deainokotonoha:20161226235945j:plain
ギーター/3-35
  わが道程に、たとえ何らかの欠陥があろうとも、
  遺漏なく辿った他人の道より勝る。
  己れの道を行きつつ死ぬも良し、
  しかし他人の道は恐怖である。

A・ ヴィディヤーランカールの解説
 我々は自分の本性を直ぐに変えてしまうことはできない。しかし度々我々は他人の真似をしたくなる。何故なら、我々はそれらの道に魅力を感じるからである。若者たちは社会に広がる現在の流行に安易に影響されてしまい、そして殆んど後でそう決めて為したことを後悔する。
 精神的な生活に関してもこのことは当てはまる。もし我々が誰かの真似をして、何らかの精神的な道を進み始めたとしても、我々はそこで迷いと失望を手にするだろう。 
 我々は常に自分に正直な態度と自分の性質に合った正しい生き方を選び、その道を歩まねばならない。

  出典『ギーター・サール』インド思想入門
    A・ ヴィディヤーランカール著
    長谷川澄夫訳 東方出版2007より

………

私見: 私たちの住む世界は、いわば相対界だろう。対極にある世界が 完全で美しい絶対界だとすると、それに比べて相対界は はなはだ不完全であるし、世界の各国は覇権を争い、経済はドンづまりで99%の人々は困窮し、政治家は無茶をして権力者は利権をむさぼる とんでもなくヒドい世界だ、などと時々文句を口走ってしまったりしないだろうか?!

しかしTM瞑想のヨーギ、マハリシ
 「相対界はもともと不完全なのだから、不完全性について文句を言わないようにしましょう」
と後進にアドバイスしている。

このマハリシの言葉は、若い頃ははじめピンとこなかったのだけれど、最近は なるほど!と心に響いてくるようになった。

私たちは時として完全主義というワナにはまってしまい、自分に対しても また他人に対してもついつい批判的で厳しく接してしまうことがあるけれど、
不完全な相対界なのだ、と考えれば、広い心でいられるような心持ちがするから ほっとする。

何を行っても完全にはいかないけれども、それでも他人を真似て完全であるより、不完全であっても 自分の人生を生きることが大事なのだ、とこのギーターの章句は示してくれている。

とても印象深く、そして心の励みになっている。

………

皆さんはどう思われますか?

ここまでお読みくださりありがとうございました。

インド思想入門 「行為は行為をしないより勝っている」ギーターのことば

f:id:deainokotonoha:20161225085003j:plain

ギーター/3-8
汝よ、自分に決められた仕事は必ず果たせ。    何故なら行為は行為をしないより勝っているからで  ある。
  また仕事をしないと汝の肉体の維持さえできなく  なるであろう。

………

A・ヴィディヤーランカールの解説
  :もし行動するかしないか、どちらかを選択しなければならないとすれば、ギーターはどんな状況においても行動することが勝っていると、明確に告げている。そして如何なる人も自分の肉体を維持するために何らかの仕事をつづけなければならない。しかし仕事の意味は単に肉体を保ち、また何かの肉体的な活動を続けるだけではない。それぞれの人間が自分の家族や社会に対し、また自分に対して何らかの仕事が決められている。
それらの定められた仕事をしつづけてこそ、人は自分の人生の目標に進んでいくことができる。

修行の意味は家庭や社会を捨てて森に隠棲することではない。
社会に住みつつ、実生活の諸問題に立ち向かい、それらを考察し、解決してこそ、我々は自己を向上させることができるのである。

………

私見 : 決められた仕事 ということについては、少し考えさせられる。

本当に自分自身が望んでいる仕事であれば、自己実現であり、社会への最大の貢献となると思うのだが、自分が本来望んでいない、いやいやストレスまみれで行っている仕事であっても、決められた仕事とされる可能性もあるから。

しかしそれでも やらないよりやった方が勝っている ということだろうか?!

最大の社会貢献は、自分自身が本当にやりたいことを見つけ出し、本当に心からやりたいことを行うことだと思う。(一説では、嫌々行う仕事と 大好きな仕事を積極的に行うのとでは、その生産性に約250倍の差が発生するとか)
そしてそれこそが自分にとって本当に責任ある行動だと思う。

しかしながらギーターのこの章句は、たびたび思い出される 素晴らしい達見だと感ずる。

皆さまはどうお考えになりますか?

ここまでお読みくださりありがとうございました。

出典『ギーター・サール』インド思想入門
   A・ ヴィディヤーランカール著
   長谷川澄夫訳 東方出版2007